SFAで情報の共有化

営業で集めた情報というのは営業部内だけではなくて社内全体で共有化するようにしましょう。こうした情報は非常に役立つものです。たとえば営業によってその商品の生産などにも関わってくるのです。商品別の容貌や関心、あるいは疑問質問などによってその市場に即したリアルタイムな商品化を推進することができるようになるのです。このように現場の声が直接開発などの部門に届くことによりより一層の生産活動の目標を作ることができるようになるので、なるべく情報は社内全体で共有化するようにしたいものなのです。そうしたために使われるのがSFAです。これは最近は多くの企業で使われることのおおい、営業支援システムというものです。これによって、情報はコンピュータで一元的に管理をされることとなり、それを社内全体で共有化することができるようになります。

SFAの意味と仕組み

SFAはSalesForceAutomationの略語であり、日本語でいうところの営業支援システムのことです。営業マンを支援する、結果的に営業活動そのものの支援、管理をして、営業活動の可視化と、売上・利益目標の達成するための支援システムとなります。比較対象としてはOA(OfficeAutomation)、会社の事務処理の自動化、効率化を目指したものがあり、SFAは営業活動の自動化、効率化の概念といっても良いかと思います。営業活動は情報が、営業マン個人に滞りがちですが、SFAでは基本となる顧客情報の管理、共有、案件進捗状態の管理、報告書等の行動計画類の管理、見積書作成や請求書発行等の営業事務業務の作成の容易化や、データ管理、売上、原価の管理等、営業活動全般の数値、行動、状態を管理するシステムとなります。

SFAを活用して効率アップ

パソコンやインターネットなどを活用して営業活動を効率化することや、そのための営業支援システムをSFAと言います。最近では、社内だけでなく出先でも使用できるように、クラウド型のSFAも増えてきています。具体的には、スケジュール管理・名刺管理・メール管理・営業報告などを担うシステムとなります。グループウェア化されたSFAであれば、企業全体で情報を管理できるため、社員同士の伝言や社内報の代わりにもなります。使用例としては、営業のAさんがお得意様の名刺を入力することで、営業のBさんも同じ相手にアプローチしていたとすれば、Aさんの入力した情報を閲覧・共有して、より効率的に営業活動を行うことができるというわけです。ただの管理ツールではなく、ビジネスチャンスを逃さない営業支援システムであることが、人気の秘密です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *